藩主命名の桜 「含紅桜」 樹齢400年 藩主は日本一と称えました

含紅桜は江戸時代初期の延宝四年(1676)に宮津藩主であった永井尚長が命名した桜で、ヤマザクラの仲間ではないかと分類されていますが、枝は美しく垂れさがり、開花後日を重ねると共に薄紅色に変化してゆき、やがて艶やかな桜吹雪を散らせます。
尚長侯は山王宮の地をこよなく愛し、神域やその周辺に十六の景勝を定めてその各々の詩を作っていますが、この桜はその当時すでに見事な花を咲かせ、藩主はこれを含紅桜と名付けました。やわらかな紅色に染まる桜の意でしょうか・・その美しさは漢詩の中でつぎのように称えられています。



この詩から三百有余年の時が過ぎる中、含紅桜は城下町宮津の変遷を静かに見守りながら朽ち老いてゆき、大きな幹も今や皮だけとなってしまいました。しかし春爛漫にはその名のとおり、薄紅色の花弁に若芽を重ねて当時の藩主の想いを今の世に伝えてくれます。

京都府により蘇生事業が行われています

平成21年には含紅桜を守る会が結成されました。守る会は「京都府緑と文化の基金」の補助を申請し樹木医による不定根の再生や土壌改良を三年間をにわたって継続しました。また、平成30年には京都府「京の森林文化を守り育てる支援事業」の補助を受け、再び大規模な蘇生事業が執り行われました。昔も今も多くの方々に見守られながら宮津の桜の名木として含紅桜は美しい花を開き続けています。

item name

天然記念物に指定 散り際は紅色に変化します

平成19年3月、宮津市は境内の大サザンカと共に含紅桜を天然記念物として文化財に指定しました。「宮津の歴史を伝える偉観・貴重な老樹」として評価されています。

天然記念物
「含紅桜」

天然記念物
「漱玉亭大さざんか」


山王宮日吉神社

〒626-0005
京都府宮津市宮町1408番地
Tel 0772-22-3356
fax 0772-22-0303
■アクセス
宮津・天橋立インターより車で7分
宮津駅より車で5分

山王宮奉賛会
入会のお知らせ

ご入会戴きました方々は名簿を御神殿に奉斎する共に年末には御神札を送付し、また節分祭、例祭などのご案内をお送り致します。
年間会費は
個人会員 3,000円
法人会員 5,000円

ご入会は神社へご連絡下さい。