宮津祭は「山王祭」の俗称/武士も参加した藩祭

城下町宮津が形作られる以前から続けられてきた山王祭。江戸時代には藩祭とされていました。宮津祭の名は「藩祭・山王祭」の俗称で武士や宮津全町の町衆が春の山王祭には挙って参加したために名付けられたものです。
神輿を中心に太神楽、威儀物行列、そして浮太鼓が続く賑やかな祭礼は、様々な仕来りの中で儀礼と芸能とを絡み合わせながらクライマックスの還御の儀へと進んで行きます。以前はそこに職人町(現、宮本町)、本町、魚屋町から白柏、川向までの八町が子供歌舞伎を演じる芸屋台を繰り出して山王宮にお参りし、盛大な祭絵巻を繰り広げてきました。その様子は市の文化財である「山王祭礼図絵馬」に見ることが出来ます。
現在も芸屋台を除く祭礼は古式通りに続けられており、神輿は山王宮から宮津湾の対岸の波路まで約12キロを巡り宮津の平安が祈り続けられています。

息をのむ、手をあわす・・還御の儀

宮津祭の最大の見せ場は神輿の「御宮入」である還御の儀です。漁師町御旅所の神輿は夕闇と共に「練り込み」と呼ばれる往復をくり返し、やがて神社へ向かいます。「ヨイヤー・サー」という宮入独特の掛け声と、そこに重なる浮太鼓の響きに包まれながら石段を登る神輿の姿は、何百年続いた此の地に生きた人々の魂を思い起こさせます。
石段を登りきった神輿は拝殿に入り三度、いきおい良く上げられます。その瞬間に明かりは消され、境内は淨闇に溶け込み、何百年も変わらない時を迎えます。
神々を送る声と、柏手と浮太鼓の嵐の中で神々がご本殿に帰られます時、その荘厳はむしろ静けさを感じさせます。儀式のあとの呆然とした心に、私たちの遠い先祖から受け継がれてきた祭の心が伝わってゆきます。この国に暮らす自分自信をあらためて確認することができるでしょう。

山王祭のハイライト
神輿巡幸に参加しよう

参加資格/要項

■伝統の宮津祭で神輿を担ぐ。山王宮では神輿渡御のための担ぎ手を募集しています。
■参加資格は宮津に住む男子ならどなたでも可能です。何百年も続けられてきた祭の意気込みを心身で体感して下さい。きっと素晴らしい達成感とこの地に生きる実感を得られるはずです。
■参加者は山王宮神輿組に入会していただきます。祭衣裳は神社で貸し出します。ご希望の方は神社へご連絡下さい。



山王宮日吉神社

〒626-0005
京都府宮津市宮町1408番地
Tel 0772-22-3356
fax 0772-22-0303
■アクセス
宮津・天橋立インターより車で7分
宮津駅より車で5分

山王宮奉賛会
入会のお知らせ

ご入会戴きました方々は名簿を御神殿に奉斎する共に年末には御神札を送付し、また節分祭、例祭などのご案内をお送り致します。
年間会費は
個人会員 3,000円
法人会員 5,000円

ご入会は神社へご連絡下さい。